家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン


chiave - key - 鍵をあけて 1


鍵〈カギ〉はいろんなものに かけるもの
何かをしまっておいたり 何かが入らないようにかけるもの
出入り口 自転車 鞄 金庫 靴箱 クローゼット 書類ケース・・・
こころの扉にも鍵がかかっていたり
鍵の周辺≠ノ ちょっとだけ負≠フイメージを抱いているのは私だけでしょうか?
そして それを開けたときに何かが解き放たれるとイメージするのも・・・

あなたには何が思い浮かびますか?

ここは 当ホームページのお客様の鍵と 鍵を彩るキーホルダーをとおして
その人となり≠見てみようという まったくもって他力本願な試みのページです

あなたには何が見えますか?


順次追加をいたします 最新の記事は一番下のLINKから移動できます

1本目    私め LEONの鍵


何事も習慣化しないと忘れ物ばかりの私は、
鍵を一箇所にまとめないと生きてゆけません。
よって大きなものにひと括りしています。
しかし、500で使う3個の鍵はバラしています。

ドアキーです。
〔TORINO MIRAGLIO〕と印されています。
ホルダーは98年にイタリアで行われた
500 miglia in 500と
神戸の小物屋さんmacchina rossa(機械の錆色?)の
キャブレターの形をしたものです。
キャブのは10年くらい使っているので
ファンネル部分がボロボロです。

イグニッションキーです。
3本のうち唯一〔FIAT〕の新しいロゴのしるしがあります。
イタリアからくっついてきた無地の皮ホルダーに、
500のマスコットをあわせています。
本体並に?ボロボロです。

エンジンフードキーです。
〔SILCA ITALY〕とあります。
キーホルダーはFIAT 500 CLUB ITALIAのですが、
ボディーカラーと同じ、タッチ用の塗料でカラーリング。
混ぜ物なしなので、4年経った今でも塗料は固まっていません。


2本目    めいていさんの鍵     テキストは 酩酊状態のめいていさんからお送りいただきました


よーくみると、どちらの鍵にもFIATの文字が見えます。
Ltypeの後期型は、防犯対策でハンドルロックがとりつけられた関係でキーが2個になっている場合があるみたいなんです。
めいていのブタチンもそのようで(もしくはドアロックキーを後から替えたかも知れない)キーはドアとハンドルと別々です。 
今までにみたチンクのキーでは、おおきい方が標準的なキーのような気がしますが。 
ちなみに、アオカビ号はハンドル、ドアキーが共通でした。
ドアキーはマイナスドライバ状のもの(要するに回転方向に力がかけられれば)
であれば何でも鍵を開けられましたが。(大笑)
シリンダのピンが全部抜けてただけです。
コロナ16万キロのキーでも、家のドアのキーでもバイクのキーでも開いた実績があります。
さて写真のほうですが、大きいほうがハンドルロック+イグニッションスイッチ、小さいほうがドアロックです。 
キーホルダーは ダイスキなラジオフライヤーです。
ラジオフライヤーへの拘りは、↓ページをご参照ください。(笑)
http://www.eva.hi-ho.ne.jp/~oyajimobile/rf.htm


3本目    らんまるさんの鍵     テキストは らんまるさんからお送りいただきました


画像は赤チンクのです。
光ってよくわかりませんが
FIATのキーホルダー(絶品モノ)です。



画像は足車のです。
MAGミニライトと
ビクトリノクスの万能ナイフ
そしてお約束?の栓抜き(^^)
弾は ライターです。

以上 です!


4本目    ひつじさんの鍵     テキストは ひつじさんからお送りいただきました


いろいろ付いてるほうが、500の鍵です。
クルマ買う前にイベントで買ったパチモンのFIATキーホルダーとラリーのイベン
トで100円で買ったMOTULの耳栓ケース(耳栓入り)、そしてアルミ製の飛行機らしき物体です。
で、俺のは左右のドアで鍵が違うので3つ鍵があります。



青いキーホルダー付きは、家とべスパの鍵です。
で、キーホルダーはイタリア行ったときに訪問したFIAT500の
チューニングショップ"AUTO MOTO SPORT"で頂いたオリジナル。
かなりカッコイイです。

5本目    きんさんの鍵     テキストは きんさんからお送りいただきました


左側のキーホルダはイタリアの500リラ硬貨を2枚使ったモノです。
500リラ硬貨は2色の金属を用いた硬貨で,
イタリア硬貨の中でも人気があるとか。
新婚旅行でイタリアに行ったときに,買いました。
確か1000円相当したと思います。
500リラって確か35円くらいだったはず・・・
2枚でも70円・・・
ボッタクリだなぁと思いながらも,
でも,発見した瞬間に,チンクのキーにつけるしかない!!
って思って,衝動買いしました。
今はもう「リラ」っていう通貨も無いので,
いい思い出になるのかなと思います。
ちなみにコレにあわせて1000リラの紙幣も
チンクの中に常備されています。
イタリアの雰囲気を出そうと必死。でも,無理・・・

右側のは良く見るキーホルダだと思います。
チンクを買った直後にプロジェクト(現トゥルッコ)で購入しました。
色がはげまくってます。

しばらくは,この構成でいくと思います。たぶん。

気に入ってるので。


6本目    C村さんの鍵     テキストは C村さんからお送りいただきました


 時計のないチンクに最適!!
 名づけて、懐中時計キーホールダー(そのまんま)


 特徴  1.すぐに壊れて止まってしまった。
      2.パネルに当たるのでステッカーを貼って保護してます。

7本目    やまきさんの鍵     テキストは やまきさん(はちさん改め)からお送りいただきました

ぱかっ
←カーソルを画像の上に移動してください

自分はモノに対しては実用的(使い易い)なモノを求めるので
あまり凝ったモノ、見栄えのするモノ等は少ないのです。
興味の対象にもよりますが・・・
キーホルダーについては画像の通り、
要るものだけをシンプルに1つにまとめています。
ただまとめるにもチャラチャラと音をさせるのが嫌いなのと、
500Fのイグニッションに挿したとき剥き出しのボディに
キーが当たるのを防ぐ目的でこのようなキーホルダーを選択してます。
キーホルダーの中身は、
500のドアとイグニッション用、
家の鍵、
ホンダバモスのキーとキーレスエントリー。
キーホルダー自体は「無印良品」製。
素っ気無い色と感触がお気に入りです。



これはオマケ。
500購入時に付いてたイグニッションキーです。
鍵山が一つだけ(笑)でフィアットロゴも当時のもので
お気に入りだったのですが、
1年足らずでキーシリンダーがダメになってしまい
交換してしまいました。


chiave - key - 鍵をあけて 2 へ移動できます

↑クリックしてください